風俗とED治療薬について

EDになってしまった場合は、ED治療薬が必要なのか

投稿日 2016年6月24日 7:57 PM | 投稿者 Kazuhiko

EDの原因を大まかに分けると、「精神的な問題」と「肉体的な問題」の2つに分けられます。

精神的な問題については、成年誌やアダルトビデオなどでは勃起をするのに、女性の前に立つと勃起をすることが出来ない、または性行為中に中折れしてしまうというような状況が挙げられます。

そして、肉体的な問題については、勃起すること自体が出来ないということが考えられます。

これら2つの問題に共通しているのが「勃起することが出来ない=EDである」ということになりますが、勃起のメカニズムを紐解いてみると、基本的には男性器部分の海綿体に血液が集まっていないために勃起しないということが挙げられます。

この状況を改善してくれるのがED治療薬となっていて、ED治療薬のポイントというのは、海綿体に血液を集めやすくしてくれるということになりますので、「自分は勃起をすることが出来る」というように脳が判断することによってEDが改善されることになります。

特に精神的な問題でEDになってしまった場合は、勃起することが出来ないことからさらに精神的に追い詰められてしまって、状況を問わずに勃起することが出来なくなってしまうこともあります。

これらのことから、EDになってしまった場合に必ずしもED治療薬が必要ということではありませんが、EDになった時にED治療薬を服用することによって改善されやすく、治療されやすいということに繋がりますので、ED治療を受けることによって問題を解決することが出来るようになります。

近年では、パソコンやインターネットからアダルト動画を視聴することで自慰行為をする人も多くなっているというデータが挙がっていますが、逆に性風俗の利用者数は年々減少しているということが挙げられます。

これらのことから、実際に女性と性行為をする時に、「いつもと違う」という違和感から性行為中に勃起することが出来ないというEDに悩まされる人も増加しているとされています。

コメントする