風俗とED治療薬について

ED治療薬には、どのような種類があるのか

投稿日 2016年6月26日 9:11 PM | 投稿者 Kazuhiko

2016年現在、世界では様々なED治療薬があるとされていますが、その源流となっているのは、たった3つの成分となっています。

まずは最も有名なED治療薬の一つに「バイアグラ」があります。

バイアグラは1998年にアメリカのファイザー製薬が開発した世界で初めてのED治療薬となっていて、成分名はシナデルフィルとなっています。

日本ではバイアグラの熱狂的なファンが多いことからも、日本で最も知名度が高いED治療薬ということになります。

次は、世界で2番目に開発されたED治療薬となっていて「レビトラ」となっています。

2004年にドイツのバイエル社が開発したED治療薬となっていて、日本では2004年から使用が開始されていました。

最後に3つ目のED治療薬は、「シアリス」となっていて、日本では2007年から販売されているED治療薬となっています。

日本国内ではシアリスの名称で通っているED治療薬ですが、海外では成分名のタダラフィルと呼ばれることが多く、シアリスの特徴としてはレビトラの性質を進化させたものになっていることが特徴的で、シアリスはED治療薬としてだけではなく、前立腺肥大症の治療薬としても使用されることがあります。

これら3つのED治療薬についてですが、特徴となるのは効果時間と持続時間、そして副作用と1錠あたりの価格の4点となっています。

EDの状況によって使用する薬剤が異なるということではなく、使用する状況によって最適なED治療薬が異なるということのほうが正しいということになります。

バイアグラも現在ではED治療薬としてとても有名な薬剤になっていますが、元々は狭心症の薬として開発されたという経緯があり、日本では薬として認可される以前から個人輸入でバイアグラを使用している人も多かったという歴史があり、その中には循環器系の病を患っていて、死亡事例が発生してしまったことから日本で急遽認可されたという曰くつきのED治療薬でもあります。

コメントする