風俗とED治療薬について

シルデナフィルの副作用について

投稿日 2016年7月05日 7:20 PM | 投稿者 admin

シルデナフィルを服用するにあたって、知っておいてほしいのが副作用についてです。どんな薬にも副作用があるように、シルデナフィルにも副作用があります。どんな副作用があるのかを見ていきましょう。
まず、シルデナフィル服用によってみられる副作用に頭痛、ほてり、鼻詰まりなどの症状があります。これらの症状は血管拡張作用によって一時的に起こる現象であり、国内の治験データでも10パーセント前後は治験者に見られる程度のものです。この副作用は一時的なものであり、シルデナフィルの効果が薄れていくのと同じように副作用もなくなっていくので特別心配するようなものではありません。
次に、それほど多くはないのですが視覚異常がみられる場合があります。どんな症状かというと、ぼんやりと全体が青っぽくみえたり、黄色っぽく見えたり、青色と緑色の区別がつきづらくなったり、目がかすんで見えたり、きらきらとした光がみえたりといった感じです。このような視覚異常が見られたとしても、一過性の場合が多いです。ただし、服用してから症状が回復しなかったり、急激な視力低下や視力喪失がみられるような場合は専門医に相談するようにしましょう。
あとは、これもまれにみられる症状なのですが、持続勃起症も副作用として起きる場合があります。通常の場合、シルデナフィルを服用したとしても勃起が長時間継続するわけではなくて、性的な刺激や直接ペニスへの刺激などがないと勃起しません。それなのに勃起が長時間継続しているという場合は持続勃起症の可能性があります。どれくらいなら持続勃起症かという判断ですが、4時間以上勃起が続いていると可能性があります。勃起がずっと続いていると、最悪の場合はペニスに重大な障害をもたらしてしまって一生勃起しなくなってしまう可能性もあります。もしも4時間以上勃起してしまうという場合は、すぐに医師の診察を受けてください。
シルデナフィルの副作用は、それほど強いものではありません。とはいえ、個人差があるので、もしも副作用を強く感じたら使用を控えて医師に相談するのがよいでしょう。

コメントする

メインナビゲーション

フィード

カテゴリー

アーカイブ

ブログロール

管理者ページ

最近のコメント