風俗とED治療薬について

2016年6月 のエントリー


ED治療薬は精神安定剤と併用すると効果的

2016年6月28日 - 20:13 | 投稿者 admin

EDの主な原因となっているのは心因性の問題と、肉体的な問題の2つが挙げられます。

その中でも若年性のEDに関しては、その多くが心因性の問題となっていて、女性の前だと緊張してしまったり、過去の失敗が原因で性行為に対してトラウマを持っていたりと様々な問題が挙げられますが、これらの問題の場合は、ED治療薬と精神安定剤を併用することによって、より高い効果を得ることが可能になっています。

精神安定剤を服用しなければならない状況というのは様々な事柄が挙げられますが、どの状況にも共通しているのは「精神的に不安定になっている=リラックスできていない」ということが特徴になっています。

そして、人間というのは余程特殊な場合を除いて、精神的にリラックスしていない状態で100%のパフォーマンスを発揮することが出来ない生物でもあります。

これはEDに関しても同じことが言えますので、心因性の問題でEDになってしまったという人の場合は、精神安定剤と併用してED治療薬を服用することによって、緊張感が和らげられ、リラックスした状態でED治療薬の効果を期待することが出来ますので、セックスに対しても安心して臨むことが出来るということになります。

ED治療薬と精神安定剤を併用する際の注意点としては、精神安定剤の中には依存性が強い薬剤も含まれていて、ED治療薬と併用することによって強い副作用を起こしてしまうような薬剤もあります。

そのため、ED治療薬と精神安定剤を併用する場合には、専門の医師の診断を仰いでから、処方の注意点などに気をつけて服用することが重要です。

また、精神安定剤とアルコールを併用してしまうと効果が無くなってしまったり、想定以上の効果が出てしまったりと様々な不具合が生じてしまう危険性もありますので、アルコールと一緒に精神安定剤を服用すると非常に危険です。

ED治療薬の中には、アルコールと併用しても問題ないものも多いので、勘違いしてしまう人も多いですが、十分に注意して下さい。

カテゴリー ED治療薬 | コメント(0) »

心因性のEDにはED治療薬が効かないこともある

2016年6月27日 - 20:12 | 投稿者 admin

心因性、つまり精神性のEDの場合はED治療薬の効果が発揮されないこともあります。

心因性のEDというのは、主に2つのタイプに分かれることになりますが、それぞれ「現実心因」、「深層心因」と呼ばれています。

現実心因の特徴としては、日常生活における身心のストレスが原因とされていて、睡眠不足や過労、家庭内の不和やパートナーとの感情的なトラブルから起こるとされている原因になっています。

そして、深層心因の場合は、深層心理の奥にある原因とされていて、自分でも周りからでも気付くことが出来ないタイプの心理的原因となっています。

これら2つのタイプで圧倒的に多いのは現実心因が原因でEDになってしまうということですが、こちらのタイプの場合はカウンセリングやED治療薬を使用することによってEDが改善されるということも多くなっています。

しかし、深層心因の場合はカウンセラーも気付くことが出来ず、心の深いところにある原因となっているために、ED治療薬を使用して勃起を促そうとしても効果を期待することが難しいのが特徴になっています。

これらのことから、現実心因が原因でEDになってしまった場合の治療法については治療薬だけに頼るということではなく、患者の環境を整えるということが重要になります。

そのために必要なのは職場環境や家庭環境も重要ですが、何よりも大切なのはパートナーと協力してEDを治療するということになりますので、性行為をするパートナーの協力が必要不可欠ということになります。

そして、深層心因が原因でEDになってしまっている場合には、ED治療薬やパートナーが協力するということだけではなく、自分でも意識していないような根深い問題を治療しなければならないために、ED治療ではなく、本格的な心理療法が必要になるということに繋がります。

どちらのケースでも言えることですが、EDになってしまった場合には、自分だけで抱え込まずに、信頼できる人に相談することが大切です。

カテゴリー ED治療薬 | コメント(0) »

ED治療薬には、どのような種類があるのか

2016年6月26日 - 21:11 | 投稿者 admin

2016年現在、世界では様々なED治療薬があるとされていますが、その源流となっているのは、たった3つの成分となっています。

まずは最も有名なED治療薬の一つに「バイアグラ」があります。

バイアグラは1998年にアメリカのファイザー製薬が開発した世界で初めてのED治療薬となっていて、成分名はシナデルフィルとなっています。

日本ではバイアグラの熱狂的なファンが多いことからも、日本で最も知名度が高いED治療薬ということになります。

次は、世界で2番目に開発されたED治療薬となっていて「レビトラ」となっています。

2004年にドイツのバイエル社が開発したED治療薬となっていて、日本では2004年から使用が開始されていました。

最後に3つ目のED治療薬は、「シアリス」となっていて、日本では2007年から販売されているED治療薬となっています。

日本国内ではシアリスの名称で通っているED治療薬ですが、海外では成分名のタダラフィルと呼ばれることが多く、シアリスの特徴としてはレビトラの性質を進化させたものになっていることが特徴的で、シアリスはED治療薬としてだけではなく、前立腺肥大症の治療薬としても使用されることがあります。

これら3つのED治療薬についてですが、特徴となるのは効果時間と持続時間、そして副作用と1錠あたりの価格の4点となっています。

EDの状況によって使用する薬剤が異なるということではなく、使用する状況によって最適なED治療薬が異なるということのほうが正しいということになります。

バイアグラも現在ではED治療薬としてとても有名な薬剤になっていますが、元々は狭心症の薬として開発されたという経緯があり、日本では薬として認可される以前から個人輸入でバイアグラを使用している人も多かったという歴史があり、その中には循環器系の病を患っていて、死亡事例が発生してしまったことから日本で急遽認可されたという曰くつきのED治療薬でもあります。

カテゴリー ED治療薬 | コメント(0) »

シルデナフィルっていったい何?

2016年6月25日 - 11:07 | 投稿者 admin

突然ですが、シルデナフィルをご存知でしょうか?シルデナフィルと聞いてすぐにわかる人は下半身に悩みがある人かもしれません。シルデナフィルとは、世界トップの売り上げを誇るアメリカの製薬会社ファイザーが製造、そして販売をする勃起不全(ED)および肺動脈性肺血圧症の治療薬のことです。これでもピンとこない人もいると思いますが、バイアグラという名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。このバイアグラの主成分こそがシルデナフィルなんです。
このシルデナフィル、最初からED治療薬として開発されたものではありません。もともとは、狭心症の治療薬として研究・開発されたものなんです。しかし臨床試験の結果、シルデナフィルにはほとんど狭心症に効果がないことがわかりました。そして被験者に薬の返却を求めたのです。ところがです。被験者の中には薬の返却を拒むものが現れました。これはおかしいと医師がその被験者に理由を尋ねると、「勃起力の向上した」と答えたそうです。これが発端となって開発がすすめられていき、シルデナフィル配合のED治療薬バイアグラが発売されることになったのです。
今でこそシルデナフィル配合のED治療薬バイアグラは日本でもポピュラーなものになりましたが、発売当時は夢の薬としてセンセーショナルな話題として取り上げられました。そして日本国内でも個人輸入などで手にれられるようになったのですが、人気があるために違法な転売や偽物も出回っていました。そういった経緯があって国が正規品のED治療薬について医師による処方がないと販売できないようにしたのです。現在では後発のED治療薬やジェネリックのED治療薬が販売されるようになってきて、シルデナフィル配合のED治療薬バイアグラの料金はリーズナブルになってきています。
このようにシルデナフィルというのは下半身に悩みがある人の強い味方なのです。いざっていうときのためにシルデナフィル配合のED治療薬を持っておくと頼りになりますよ。

カテゴリー シルデナフィル | コメント(0) »

EDになってしまった場合は、ED治療薬が必要なのか

2016年6月24日 - 19:57 | 投稿者 admin

EDの原因を大まかに分けると、「精神的な問題」と「肉体的な問題」の2つに分けられます。

精神的な問題については、成年誌やアダルトビデオなどでは勃起をするのに、女性の前に立つと勃起をすることが出来ない、または性行為中に中折れしてしまうというような状況が挙げられます。

そして、肉体的な問題については、勃起すること自体が出来ないということが考えられます。

これら2つの問題に共通しているのが「勃起することが出来ない=EDである」ということになりますが、勃起のメカニズムを紐解いてみると、基本的には男性器部分の海綿体に血液が集まっていないために勃起しないということが挙げられます。

この状況を改善してくれるのがED治療薬となっていて、ED治療薬のポイントというのは、海綿体に血液を集めやすくしてくれるということになりますので、「自分は勃起をすることが出来る」というように脳が判断することによってEDが改善されることになります。

特に精神的な問題でEDになってしまった場合は、勃起することが出来ないことからさらに精神的に追い詰められてしまって、状況を問わずに勃起することが出来なくなってしまうこともあります。

これらのことから、EDになってしまった場合に必ずしもED治療薬が必要ということではありませんが、EDになった時にED治療薬を服用することによって改善されやすく、治療されやすいということに繋がりますので、ED治療を受けることによって問題を解決することが出来るようになります。

近年では、パソコンやインターネットからアダルト動画を視聴することで自慰行為をする人も多くなっているというデータが挙がっていますが、逆に性風俗の利用者数は年々減少しているということが挙げられます。

これらのことから、実際に女性と性行為をする時に、「いつもと違う」という違和感から性行為中に勃起することが出来ないというEDに悩まされる人も増加しているとされています。

カテゴリー ED治療薬 | コメント(0) »