風俗とED治療薬について

2016年7月 のエントリー

シルデナフィルを服用するときの注意点 その1

2016年7月29日 - 12:21 | 投稿者 Kazuhiko

シルデナフィルはEDの男性にとって心強い味方であり、その効果は強力です。ただ、そういった薬であるがゆえに服用するときにはいくつかの注意点があります。それを守らないと、効果がないばかりか体に危険を及ぼす可能性があります。どんな守るべき注意点があるのでしょうか。
まずシルデナフィルを服用するときの一つ目の注意点としては、薬を飲むタイミングをしっかりと計算することです。薬の効果が最も発揮されるのは、シルデナフィルを服用してから1時間経過後になります。そこから約4~6時間ほど効果が持続しますが、後半になればなるほど効果が薄れていくので、なるべくなら薬を服用して1~2時間ほどで性行為というタイミングがベスト。しっかりと時間を計算して、薬の効果が最も高くなるようにしてください。
二つ目の注意点は、空腹時の服用を心がけるということです。食事をしてからシルデナフィルを服用してしまうと、胃に残っている食べ物がシルデナフィルの成分が吸収されるのを邪魔してしまうんです。当然効き目は半減、もしくはほとんど効かなくなってしまうこともあるほど。できるだけ食後に時間を開けたほうがよく、最低でも食後2時間は開けましょう。ちなみに脂っこい食事だと胃の中に油膜が張ってしまうので食後2時間後だったとしてもシルデナフィルの効果が半減してしまうこともあります。脂っこい食事だった場合は、できれば食後6時間以上開けるのがベターです。食事をしたいのであれば、シルデナフィルが完全に体に吸収された後、つまり服用してから30分後であれば食事しても全く問題はありません。
三つ目の注意点は、過度な飲酒は控えるということです。シルデナフィルを服用すると、血流がよくなります。過度にお酒を飲んでしまうと、お酒が回るのが早くなってしまって性行為どころではなくなってしまう可能性もあります。また、アルコールには中枢神経を抑制してしまう効果もあり、勃起力を低下させてしまうこともあるので、過度な飲酒は控えるべきです。

カテゴリー シルデナフィル | コメント(0) »

ED治療薬は個人でも購入することが出来る

2016年7月09日 - 19:29 | 投稿者 Kazuhiko

近年では、ED治療薬を手に入れる方法としてインターネット通販から購入するという方が多くなっています。

インターネット通販の優れているポイントの一つに、誰でも簡単に注文をすることが出来て、すぐに手に入るということが挙げられますが、インターネット通販でED治療薬を購入する場合は、国内で販売されているED治療薬だけではなく、国内で販売されていない海外のED治療薬も簡単に手に入れることができるということが特徴的です。

そして、多くの医薬品の場合は、国内で認可されていないものが多く、日本という国は先進国の中でも安全に安全を重ねて、十分に吟味してから認可を出す国だとされているために、海外では十分に効果が高いとされている医薬品でも手に入れることができないというケースも少なくありません。

しかし、インターネット通販でED治療薬を購入する場合に注意しなければならないポイントが1つだけあります。

それは「ニセモノが多い」ということになります。

偽物のED治療薬だった場合でも、効果が低いとかビタミン剤だったというような場合ならそれほど大きな問題にならないことも多いですが、中には健康被害に遭遇してしまうような薬も多くなっていますので、インターネット通販でED治療薬を購入する場合には十分に注意しなければいけません。

面白いデータとしては、国内の医療機関が正式に調査をした結果として、インターネット通販から購入することが出来るED治療薬の約55%が偽物だったというデータもあります。

偽物のED治療薬を使用して勃起することが出来たという場合でも、EDという病気の多くが心因性によるものが多いということもあり、「ED治療薬を服用したから勃起できる」と脳が勘違いすることによってEDが治ったというケースも多いです。

「病も気から」という言葉があるように、プラシーボ効果によってEDが治るというケースも多いために、素人がインターネット通販でED治療薬を購入しても、その効果が正しいのかどうか判断するのは非常に難しいということが挙げられます。

カテゴリー ED治療薬 | コメント(0) »

ED治療薬は魔法の薬ではない

2016年7月08日 - 19:28 | 投稿者 Kazuhiko

ED治療薬というのは、魔法の薬ではありません。

勘違いされがちなのが、ED治療薬を併用すると興奮状態になり勃起を促すという効果があると思っている人が多いですが、ED治療薬では多くの場合、興奮作用がありません。

ED治療薬は「勃起しやすい状況にするための薬」となっていて、人間が通常の状態で勃起するのは興奮している状態が多いために勘違いされてしまうのだと思われますが、イメージ的には「勃起するだけ」だと思ってもらえれば問題ありません。

肉体的または幼少期からの深層心因が原因のEDの場合は、「勃起する状況の感覚」というものが分からないために、イメージするのが難しいかもしれませんが、一般的にEDになってしまうというのは、「今までは勃起することが出来たのに」という状況や「いつもは興奮したら勃起するのに」というような状況が多いと思われます。

そのため、ED治療薬を服用すると興奮作用が働き、勃起を促すものだということをイメージしている人が多いですが、実際には「興奮していない状況でも勃起する」ということが特徴的なので、初めてED治療薬を使用した人は違和感を覚える人も多いとされています。

男性は性行為をしている際に、射精後は勃起が沈静することが多いと思われますが、ED治療薬を使用している場合は射精後も勃起を保つことが出来るということになります。

ただし、射精をしたことによって精神的に興奮度が低下しているのにも関わらず勃起をしているという不可思議な状況になることが挙げられます。

興奮を促す薬というと、媚薬という言葉が挙げられますが、自律神経や副交感神経に働きかけることによって興奮しやすい状況を引き起こす薬剤もありますので、それらの薬とED治療薬は根本的に異なるということを知っておいて下さい。

また、興奮を促す薬とED治療薬を併用することによって副作用が強くなってしまうこともありますので、併用する場合には十分に注意して下さい。

カテゴリー ED治療薬 | コメント(0) »