風俗とED治療薬について

2016年9月 のエントリー


ED治療薬は媚薬ではない

2016年9月18日 - 22:24 | 投稿者 admin

媚薬というのは性的興奮を高めてくれるアイテムとして有名ですが、ED治療薬を媚薬と混同して使用する人が問題になっています。

初めに言っておくと、ED治療薬と媚薬は別物だということです。

確かに、ED治療薬の中には性的興奮を高めてくれるような薬剤もありますが、日本国内で一般的に使用されているED治療薬の場合は、「勃起を促すための薬剤」ということが挙げられますので、「性的興奮を促すための薬剤」ということではありません。

そして、ファンタジー小説や成年誌などでは、使用しただけで恋愛感情を起こしたり、催淫作用があったりする薬が紹介されているような惚れ薬というものがありますが、媚薬が精神に作用されるということはなく、あくまでも架空の存在ということになります。

ただし、性的興奮を起こすようなタイプの薬剤なら存在していますので、性的興奮と恋愛感情を勘違いさせるように使うということはあるかもしれません。

簡単にいえば、媚薬というのは精力剤の一種となっていますので、一般的に「精のつく食べ物や薬」というのは、全て媚薬だと言っても過言ではありません。

媚薬の歴史は古く、紀元前から使用されていたということも記録されていて、中国の漢方では羊の睾丸や牛のペニスなどを食することによって精力を高める作用があるとされています。

これらの媚薬の特徴としては男性ホルモンや中枢神経に働きかけることによって、勃起の持続時間を長くしたり、精子の生産を増加させることによって射精量を増加させたりといった効果を期待することが出来ますが、共通しているポイントとしては「効果が出るまでに長い時間が掛かる」ということです。

そのため、ED治療薬のように即効性のあるタイプの薬剤ではなく、あくまでも「生活環境を整える」ということに分類されることになります。

これらは東洋医学と西洋医学の違いなのかもしれませんが、精力を高めることと勃起を促すことは別物だということを意識して下さい。

カテゴリー ED治療薬 | コメント(0) »